2013年09月17日

去る8月29日、池袋にて

警視庁主催による探偵業者研修会が行われました

探偵業研修会


そこでは探偵業法などの解説とともに

探偵業者へ向けての様々な苦言がありました

その前提となるものは

当たり前のように「消費者保護」の観点からです

一部を抜粋しますと

探偵業法にて義務付けされている

探偵業届出の際の名称について

例えば

「ABC探偵事務所」という名称があったとして

広告に使う名称で

「ABC興信所」や「ABCリサーチ」といったものであれば

まだ理解はできるものの

中には

「あいうえお探偵社」や「○○探偵社」

など

そもそもある「ABC探偵事務所」とは全く関連の無い

いくつもの屋号を並べ

何枚もの看板で営業を行っている探偵社が

いくつも存在するのは望ましいことではない

と言われていました

また

探偵士

調査士

といった呼称についても

そもそも「士業」というのは

正当な国家資格を経て得られる称号であり

何の国家試験もない探偵・調査業において

お客さんが錯誤するような「士」という呼称を用いて

さも国家資格を得て商売をしているような

名称は望ましくもないと苦言を呈されていました

探偵社選びの際は

そういった部分も考慮され

きっちりとした調査の行える

正統派の探偵社をお選びされることをお勧めします

main_img


ガルFC統括本部galu2005 at 14:31│コメント(0)トラックバック(0)探偵 │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字